水位センサー(RO水貯水タンク、連結水槽安全装置)

水位センサーを作ってみました。
RO水を水槽に溜める為に蛇口を全開で店を閉めて帰ると朝、水浸しになっていることが良くありました。
この水位センサーを使って電磁弁を作動させるようにするために作ってみました。
部品はエーハイムハンガーセットの1本分を使用しました。
このコンセントに電磁弁を挿せば水が一杯になったら電磁弁が作動して水をストップすると言うことです。
消費電力20W程度までは使用可能なはずです。
消費電力が大きい場合はスイッチが壊れる場合があるようです。


もう一つ
この水位センサーを使って、ろ過機1台で水槽を2台、3台とそれ以上と連結をさせて使用するために安全装置として使用しています。
センサー部分をひっくり返して使うだけで水が減ったらスイッチOFFという動きができます。

2台の水槽を連結して右の水槽をスドーエデニックシエルトで吸って左の水槽へ排水、連結パイプに何かトラブルが起き、水が動かなくなった場合、水位センサーが働きろ過機をストップさせます。
 
使用工具
アクリルや塩ビ板を切るためのカッター アクリルや塩ビ板を曲げるためのヒーターユニット
工作は自己責任で行ってください。事故等が起きても当店は一切責任を負いません。
また、作ってくださいと言う問い合わせもございますが、作ることも致しません。
エーハイムパイプ曲げ加工
この道具はパイプを曲げるための基準となる定規のようなものです。
同じサイズで曲げなくてはいけないためテンプレートとして作ったものです。
エンビのパイプやペットボトルの蓋やエサの蓋など5種類のサイズをコンクリートパネルの板に固定してこれにパイプを当てて曲げます。

 

エーハイムのパイプを自由に曲げるのに必要なもの
セロテープまたはエーハイムパイプ止水栓(各サイズ)2個
塩またはリオネグロサンド(リオネグロサンドに匹敵する細かさの珊瑚砂)
コンロ
作り方
1.パイプの片方を塞ぎます。
塞いだ方を下にしてパイプの中に砂を入れます。
2.砂を目一杯いれたらパイプをコンクリートや堅いところで指で蓋をしてトントンとパイプを打ち付けてみてください。
すると今まで一杯入っていたのに少し隙間が空くと思います
この作業を繰り返して、隙間が空かないくらいまで行ってください。
この作業はしっかり行ってください。
この作業が甘いと曲げた時につぶれます。
3.コンロに火を着け、火から約10センチから約15センチ位のところでパイプ曲げたい部分をを回転させながら熱してください。
決してパイプを溶かさないでください。均等に温めて、温めたところが曲がる位までじっくり熱します。
パイプは熱くなりますので火傷には注意しましょう。
曲げる時は上記のテンプレートに当てて曲げます。
ためらいなくいっきに曲げてください。
曲げたらテンプレート毎、水で冷やします。
作業が終わったら砂を抜けば出来上がりです。
砂より塩(サラサラの塩)のほうが水で塩を溶かせるから良いかも・・・・・。
思っているほど難しくはないです。

火傷、等をしても責任は負いません。自己責任で
 
 
ドージングポンプ製作を考えております。(ちょっと時間が掛かりますので次は何にするか考えておきます)